酒悦七 高崎市通町

昭和の雰囲気が残る「通町」。そこから通り1本外れたところにある「酒悦七(しゅえつなな)」。おちついた店内には、常連客の方の笑い声がいつも響いていて「一見さん」「お一人様」でも、地元の料理とお酒が楽しめる隠れた名店です。個人的にもすごく気に入っているお店。

この時期ならではのホタルイカと結人で

注文はいつものとおり「おすすめ」をいただくことに。昨日、富山のホタルイカを入荷したということなので、早速お願いしました。その他に、「上州牛の燻製」「手羽先」「下仁田ネギの鍋」を一緒に注文。(少し頼みすぎたか・・・)

結人は純米吟醸。冷でいただきました。その他にも群馬県内の日本酒を中心に全国の日本酒がありました。大将曰く「群馬以外でも美味しいと思うものがあれば積極的に取り入れています」とのこと。この日の隠し酒は「王録」でした。どんなものがあるのか、大将に聞いてみるといいですね。

くじらのベーコン

程よくよってきたところですが、まだまだ行きます。次にたのんだのは「くじらのベーコン」。なかなかベーコン頼めるのもめずらしいです。となりのご婦人が召し上がっていたのがあまりに美味しそうだったので真似してしました。そのご婦人曰く、もっと日本酒置いて欲しいとの事でしたが、なかなかそうもいかないようで・・・。日本酒好きばかりではないですからね。大変です。

珍味 はらこの燻製とだし巻き卵

増谷ー聞いてみるとハラコの燻製があるとのことなので、ここは注文をさせていただきました。このハラコなのですが、九州でと照れるたらの卵巣を君背にした珍味でなかなか珍しいとの事。日本酒との相性もバッチリです。日本酒は本当にこういう珍味とか乾き物との相性がいいですよね。お腹がいっぱいになった時も、こういうものなをあてにずっと飲めるような気がします。